男性と同席している時に口説こうとしてくれるのは嬉しいのですが、時々対応に困る相手が居るんですよね。

初対面だったりまだあまり親しくない相手を、とにかく褒めちぎるのは逆効果だと思っています。
何をしても褒められるのでは有難味も真実味も感じられませんし、口先だけのリップサービスにしか聞こえませんから。
おだてられて持ち上げられ続けるのは、正直ずっと自慢話や愚痴を聞かされ続けることより退屈します。

口先だけの言葉だとは分かっていても、一応は褒められている以上は嬉しそうにしないといけませんし、
褒められて不機嫌な素振りを見せるとこちらが天邪鬼な性格の悪い人に見えてしまいますから。

だからと言って、遠回し過ぎるのも困ってしまうんですけどね。
もしかして口説かれてるのかなと思っても、勘違いだった時の事を思うとリアクションが出来ないんですよね。
好みな相手の場合はそれとなく匂わせてみようかとか思いますし、
好みではない相手の場合はどうやって逃げ切ろうかと悩んだりもします。
でも勘違いだったときの恥ずかしさを思うと行動には移せずに、悩むだけ悩んで疲れてしまいます。
そうなると次回会うのも嫌になっちゃうんですよね。

あとは昔のハウツー本に載っていたような事も止めて欲しいですね。
落ち着いたムードのあるバーでじっと瞳を見つめてそっと手を握るなんてやられた日には、
笑って良いのか怒って良いのか悩んでしまいますから。

同席している時に褒められるのなんて、せいぜい1回か2回で十分です。
持ち物や外見上の事でも悪くはありませんが、時々コンプレックスに思っている所に触れられるので、
どちらかというと仕草や話し方、性格について褒められた方が嬉しいですね。

それまで何気ない会話を楽しんでいたのに突然と褒められて、その続きの会話で軽く誘われるのが一番心が揺らぎます。
特にその誘われ方が、別に断っても良いんだよ、くらいの軽さだと好感度が高くなります。
もちろん会話の流れで自然と褒められて誘われるのが一番ですが、
ある程度ならそれまでの会話の流れを無視するような唐突さでも気にならないものですよ。

コメントを残す

メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です

You may use these HTML tags and attributes:

<a href="" title=""> <abbr title=""> <acronym title=""> <b> <blockquote cite=""> <cite> <code> <del datetime=""> <em> <i> <q cite=""> <s> <strike> <strong>