男性はとにかく強そうに見せたがりますね。それは別にいいのですが、ええかっこしいも度が過ぎるとボロが出ますから
気をつけたほうがいいと思います。こんな経験があります。


いつも男らしさを強調して、体もマッチョに鍛え上げていた男性がいました。いつも私に対して好意を示してきていました。
私は実は相当気の強い女なのですが、あくまでも初見ではお嬢さんとか大和撫子を装います。べつに、誰かとどうこうなりたいという浅ましい思いからではなくて、女性に生まれた以上別に最初から気が強いところをアピールしなくても良いという合理的な考え方だからです。

だからか、未婚の時も今も常に勘違いした男性がアプローチしてきます。このマッチョ男性は普段から男臭さを最高の価値と思い、私にフェロモンを感じろとばかりにボディタッチなど当たり前にしてきました。

仕事上の同僚というか先輩でしたが、当たり障り無い態度で接してしました。あるとき、二人で電車で取引先に行く機会がありました。つり革に捕まっていた私たちに、ヤンキーが絡んできました。次の駅で降りるし、無視を決め込んでいた私でしたが、となりのマッチョ男性は俄かに震えだしました。そのことをヤンキーに弄られると、益々萎縮しています。気の毒なくらいでした。

なので私が「うるさいよ、静かにしろ!」とヤンキーに声を荒げてしまいました。何かあれば次の駅で、鉄道警察に駆け込もうと思いましたから別段平気でした。

しかし、マッチョ男性は震え声で私を諌めました。その瞬間、本当に情けないしその無駄に鍛え抜かれた肉体はなんなのかと思いました。その日以来何故か私に距離を置くようになった、マッチョ男性ですが多分男としての自尊心を打ち砕かれたのだと思います。女性に対し口説きの姿勢で男らしさをアピールしても根が臆病ならば、いつか必ずボロがでます。その方がカッコ悪いです。無理に男臭さをアピールし女性を我が物にしようと画策しないほうがいいです。女性は大抵どんな男よりも、肝が座っていますから。

コメントを残す

メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です

You may use these HTML tags and attributes:

<a href="" title=""> <abbr title=""> <acronym title=""> <b> <blockquote cite=""> <cite> <code> <del datetime=""> <em> <i> <q cite=""> <s> <strike> <strong>