職場で、学校で、出会いには色々な形がありますが、ネットが普及した昨今ではネット上での出会いもかなり増えてきたと思います。オンラインゲームで知り合ってオフ会を開いたり、直球で出会い系サイトを利用したりという場合も珍しくありません。私にも同じ趣味がきっかけで、SNSで知り合った方とオフ会で直接お会いする機会があり、そこで好意を持った男性がいました。そのかたもこちらを憎からず思ってくれている様子が窺い知れたので、「これはお付き合いすることになるかな?」と漠然と期待をしていました。男性から口説かれたら高確率でOKする気満々でした。


しかしその男性からの好意は行動の端々から感じることができるのですが、自分の趣味を熱く語る半分も、私に対して好意を口に出すことがありませんでした。というより、ただ好きなことを語りたい相手が欲しかっただけなのかな?彼から感じる私への好意は勘違いかな?と、恥ずかしく思いました。しかし恐る恐るこちらの心情を明かしてみたら、やはり私に好意を持っている、出来れば付き合いたい、とのことでした。どうやら私から告白して付き合ってくれと言われるのを待っていたようなのです。これがいわゆる草食系男子か!とどこまでも受け身な態度に少々戸惑いました。
男性から好意を言葉で示されることを嬉しく思わない女性はいません。うまい事言えなくても、気の利いた口説き文句でなくてもいいんです。好きなら「好きです」と言ってくれるだけでも、女性は嬉しいものです。それは男性でも同じではないでしょうか。
男性のほうが受身の恋愛もありだとは思いますが、言葉に出さなくては伝わらないことはあります。彼との体験でも、私が一歩踏み出さなければ発展しないものでした。どちらかが一歩進まなければ関係は変わらないのですから、草食系でも何でも、待っているだけの恋愛では損をしてしまうことをわかってほしいなと思いました。
不器用でもいいですから、男性には女性に思っている好意を伝えて欲しいです。特別な時じゃなくてもいいんです。好きな人に何気ない時に一言「好き」と伝えるだけで、ときめきを覚えるものです。

コメントを残す

メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です

You may use these HTML tags and attributes:

<a href="" title=""> <abbr title=""> <acronym title=""> <b> <blockquote cite=""> <cite> <code> <del datetime=""> <em> <i> <q cite=""> <s> <strike> <strong>